1. トップページ
  2. 事業概要
  3. 創薬プログラム
  4. チューブリン重合阻害薬

チューブリン重合阻害薬

IPC-003は、新規抗がん剤の探索に向けた戦略的評価システムの実行過程で見出された高活性化合物です。この化合物は、in vitroで種々の培養がん細胞の増殖を阻害し、また、in vivo(マウス異種移植モデル)でヒト大腸がんであるLS174T細胞の増殖を強力に阻害しましたが、その作用機序(MOA)は不明でした。その後、細胞/分子生物学的アプローチによって慎重に検討した結果、そのMOAはチューブリンの重合阻害であることが判明しました。我々は、主に白血病細胞株を用いたin vitroおよびin vivo試験系でIPC-003を評価し、次のような結果を得ています:

  • IPC-003は、リンパ球性および骨髄球性の両者の白血病細胞株の増殖を低濃度で阻害した。
  • IPC-003は、骨髄性白血病細胞株において、細胞死、細胞周期の停止、および分化を誘導する作用を示した。
  • IPC-003は、ヌードマウスに移植したHL-60細胞の増殖を予防的投与および治療的投与の両実験条件において顕著に阻害した。
  • IPC-003は、実質的にキナーゼ阻害作用を示さなかった。

上記のような成績および高い安全性を示唆する毒性学的プロファイルから、IPC-003は、既存の化学療法剤との併用療法のみならず、単剤においても、急性骨髄性白血病(AML)および急性リンパ球性白血病(ALL)の治療に寄与することが期待されます。